日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

キャリバーP.4000にパワーリザーブ表示とGMT機能

 

2016年のSIHHに向けてパネライが用意していたのは、マイクロローター自動巻のインハウスムーブメント、キャリバーP.4000にパワーリザーブ表示とGMT機能、そしてリューズを2段目まで引くと自動的に秒針がゼロにリセットされる機能(ゼロリセットセコンド)を付加した新キャリバー、P.4001とP.4002でした。

Cal.P. 4001

Cal.P. 4002

P.4001とP.4002の違いはパワーリザーブ表示が裏側か、表側かの違いのみであり、これは既出のセンターローター自動巻、P.9001とP.9002の関係に同じですが、ほぼ同等のスペックとタフネスを保ちながら、P.9000系の厚さ7.9ミリに対してP.4000系は4.8ミリにまで薄型化している点は、改めて評価すべきでしょう。