日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

ブランパンがかかわってきた海洋調査で撮影された映像も上映

 

2008年に国連総会で決定され、2009年からスタートした6月8日の「世界海洋デー」。現在国際社会が直面している海洋関連の問題について全世界的な意識を喚起するために制定された。

初の近代的ダイビングウォッチ「フィフティ ファゾムス」を1953年に発表し、以来、海との深いつながりをもつブランパンでは、そんな「世界海洋デー」に合わせ、海の世界について多くのひとに知ってもらおうと、国連法務部海事海洋法課などとともに写真展を企画。

会場には、ブランパンが年に1度発行している海中世界の専門誌『エディション フィフティ ファゾムス』に写真を発表している世界的に有名な写真家16人による写真を展示し、日本からはマサ潮田氏による写真も出展された。ブランド初の女性のためのトゥールビヨンモデルは、精密な複雑機構の整然とした動きとともに、ブルガリにとって特別なモチーフのひとつであるオウムと花をシャンルベ技法と細密画で描いた、芸術的で華やかな文字盤が魅力のコンプリケーションウォッチ。