日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

伯爵の超薄型腕時計――と時の倶の製表は追求する

 考えてみれば、こんな復雑で機能的なものを詰め込んでこんなに薄い空間の中で、「自然に反することは「また容易なことでは、少なくとも私たち人間を見分ける目にできる範囲で。こういう成果は人間の科学技術、技術と技術に積み重ねると突破後の結果。では、もしさかのぼる人間はいつからこんな狭い空間でこういう複雑総合技術と、腕時計の製造もこの範疇。二つ世紀前、スイスの侏羅山や他の地方の腕時計ブランドたちから、絶えず複雑かつ違う機能を備えて、同時にまた融合技術と美しさの機械装置、どんどん乗せ懐中時計や腕時計が狭いのケースの中にも、人間の追求でタブ産業となる復雑で美しくて、精緻で薄くして一つの創始代表。
を求めている「薄型」の分野では、私の認知の中で、Piaget伯爵ということは正にブランドの一つ。この1874年、ジョージ・伯爵(Georges-Edouard Piaget)侏羅山岳地帯の仙人坂(ラCôte-aux-F E es)静かな町が設立した腕時計ブランド、絶えず追求薄型」「時計のさまざまな可能性を。西暦1957この一年、前ソビエト連邦は初の人工衛星を届けた宇宙を起こし、人類宇宙の探索と追求、同一年、伯爵が発売された厚さ2 mmの薄型9pだけ手動でチェーンムーブメントを薄型のマイクロ機械で世界に新たな探査。このムーブメントの導入を記録した当時の世界記録は、このマイクローンの空間に押し込んで運営維持腕時計の逃げ構造、輪列また動力装置を想像することは1件が復雑で困ることは、ましてさらに保証ムーブメントをスムーズに正常に動作して、そして各種時計両立ムーブメントの手作り面取り、研磨など工程。だから、9pムーブメントの登場も再定義した腕時計界業およびその他の産業で、いわゆる「薄型」の意味。