日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

カシオのアウトドアウオッチ「PRO TREK」、20年の進化を紐解く

 

「PRO TREKブランドを立ち上げてからしばらくの間、開発スタッフの中に登山をする人間は一人もいなかったんですよ。」

 
カシオ計算機 時計事業部 モジュール開発部 モジュール企画室 牛山和人氏
カシオ計算機 時計事業部 モジュール開発部の牛山和人氏はそう語る。PRO TREKブランドが産声を上げたのは1995年のこと。ちなみにこれは、牛山氏の入社時期と重なる。

当時からカシオの時計事業部には、「現場で使われるものは現場を経験して開発するべき」というフィールドワークの考え方があった。しかし、登山となると専門家の領域。いくらアウトドアウオッチの開発者といえど、「じゃあ実際にやってみようか」と、気軽に決断はできなかった。

Tags: 20年の進化

发布: adminxsxs 分类: 2018MyBlog 评论: 0 浏览: 7