日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

長く使わない石英時計は電池を取り出していますか

 一般クォーツ腕時計の電池寿命は1~3年の間に、現在のクォーツ時計IC回路の電力消費が非常に低い(約いちマイクロアンペアぐらい)ので、大きく向上クォーツ腕時計の電池寿命。三針に腕時計(秒針)は使用しないときは、表を抜いて、譲歩進モーターを停止し、通常のもその腕時計の節電機能は、短期の腕時計は表を抜いた。
でも長く使わない石英時計は、長期的には電池の有効期間が。知っている水晶時計用の基本は酸化銀電池や、他の種類の電池のように、たとえ酸化銀電池電池用のない状態で(たとえば保存状態も放電してから、自然放電率のサイズに置かれた環境の温度や湿度が大きく関係して、温度が高いほどは放電率が大。
一部の酸化銀電池も現れやすいと登るアルカリ液漏れの問題、特にあれらの品質はあまり良くないシールは厳しい電池、しかもしばしば電池はもうすぐ電池や電気のない以降、この現象と普通の乾電池に似ている。酸化銀電池内部がアルカリ性の液体が一般的で、水酸化ナトリウムや水酸化カリウム、それらはすべて強い腐食性、いったん漏れに時計が傷つけて。1、錆び付くの時計回路のリードの接点;第2、深刻な漏れの液体の時計のの添え木添え木を傷つけて、最も深刻な情況は時計の時計の文字盤を傷つけます。私はそんなに1匹のレーダーの腕時計、長期保存は約じゅう年後、電池はとっくに液漏れを発見、ダイヤルや電池に近い位置に腐食されて変色して、その後転換のためにこの文字盤は約700元、教訓を大きく!
電池のダメージ物品の例については、単純に時計。例えば、懐中電燈の中の乾電池は、長くなく、電池切れを張る、(酸化銀電池もこの問題について、「ガス膨張」)をも出して、もし替えカメラそれは入りました。
だから、私は皆さんが長期保存しないクオーツ時計、特により高級腕時計は、最高の時計を送り修理店、先に電池を取り出して、以防不测。また、電池は品質良いブランドの電池を選択して、1時の、定期(一定電池切れない電池は電気以降電池がない後)電池を交換しなければならない。石英時計の故障でかなりの割合は電池「起こしていることだから」。