日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

控えめな華奢スイススイススイスの三部ソナチネ

 複雑な機能を誇示するには、低調華奢時計はまず1項の単純な時間で主要機能の簡約。ほとんどすべての本当の時報質問表に合わせてこの点のうち、自鸣表言うまでもなくは比類のない贅沢の魅力を内に秘め。そして万年暦や陀はずみ車は、止まない声でやや言いふらして、もしクロノグラフ、そんなに見ては経典面盤加単ボタンでデザインした。
もちろん何事も例外があって、ゲーラ苏蒂(Glashuetteオリジナル)とアテネ(Ulysse Nardin)の万年暦表も絶対の実用性、見た目からは喧嘩が小さい面盤にはそのユニークな優越性表現が異常に優れ。
謙遜の飾り
黄金、ローズと宝石の材質は自然に排除する。プラチナとプラチナは最良の選択、今どこにでも、パラジウムなどの金属も用いられています。しかし、全体的に近づけば近づく于钢の金属ほどいい、これほどに控えめな要求。数の高い文字盤の材料を作ることができるなら、伝統の貴金属と比べると、現在はもっと多くの選択がある。
もちろんこれは全て控えめな腕時計もしなければならない、鋼や銅などの古い金属を素材に、実際には、多くの腕時計も使われる金制ムーブメント、さらにいくつかのムーブメントの各部分はすべてとてもきれいな合金を使用して制作された。そのためには、その時計のぜいたくと美感は、ケース内に隠れ、彼らは鑑賞していない。
協調の規格
今の腕時計としては50 mm大きさの境界線、伝統的な円盤時計の大きさは40-42mmの間。私たちの観念の中で、これは1枚の腕時計はその神秘性の最大の寸法を保つことができるのです。いかなる再大丁時の寸法を持って来ることができると街の向こうの隣の共有、それを失ったそのあるエレガントな内包。