日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

時計コレクター漏らす:“中古表」に上昇する可能性大

 科学技術の発展につれて、腕時計はすでに人々の身の回りのタイムでした。人気のあるコレクションになっていくのがますます増えている。近日、記者は気づいて、多くのウォッチコレクションの部門では、「中古表」になりつつ収蔵界の新しいかわいがること。
「中古時計」の沽券を倍にして
記者は天津市の某競売で「中古表」は一般的な中古の時計を指し、通常世紀20~70年代間の世界各地のブランド機械表、時計や懐中時計などを含む。「現在の国内『中古時計』市場価格は海外より低少なく、低価値凹地。」そのオークション行担当記者に紹介して、たとえばこの産は20世纪のごじゅう年代初めの18プラチナ勃朗クラスパンパン、左右表耳も0 . 25カラットのダイヤモンドを散りばめて、価格は8000円余りでこの世纪のごじゅう年代出品の14K金帝後のチェーンブレスレット男ものの時計の表価格は6000多元;同様産は20世纪のごじゅう年代末期の1匹のアテネ全鋼自動男ものの時計の値段が5000元。しかし、これらの時計は海外の古い時計店に置いて、1つの2倍にして、すべてとても速く手を売り払うことができます。
最近のオークションには、「中古時計」が競売になっているということで、その値打ちも連年。二年前にあったように、北京での撮影は「伯爵ダイヤモンドカップル表」で、当時はスポンジをはち万成約。今、別のオークションに登場すると、価格は16万元になっている。
中ローエンドブランド中古時計の更には切り上げの潜在力がある
「現在、国内の大部分のコレクターが収蔵ロレックス、オメガ、ロンジンやかつての中国では大変な人気を集めたウォールや、ハミルトン、Movadoなどの骨董品ブランド時計から、これらの表の価格はすでに一定の高位に。」天津時計カメラ協会会長王树森は、実はよくコレクター達の他に無視される低級ブランド「中古表」、市場はでな宣伝が少なく、さらに上昇する可能性。例えば、前世纪ごじゅう年代出品の梅金の時計、レーダー绿马など中古表にもかかわらず、それらは国際市場に属していない人気商品品に限りだが、まだかつ手頃な価格で購入することができたら、その未来への上昇する可能性は侮れない。
また、王树森は、現在、わが国は、新中国成立初期自主研究開発生産の天津「五·一」ブランド時計と上海华成ブランド時計や第1世代の上海ブランド時計も上昇する可能性があるから今、前世纪ろくじゅう年代初期生産の宝石花、ジャン花、延安、ダイヤモンド、カモメなどと赤旗ブランド腕時計では、その価格は高くなく、上昇する可能性も大きい。