日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

時計を買って何を見ますか?

 諺によると貧乏玩车富で表、この話は一定の道理。でも、私たちは時計を買う時にはそれを見て、次の腕時計の家はあなたの解答に来ます!
ブランド、産地
ある程度、産地はブランドよりも重要。たとえば、インドのブランド、広告は言うことを信じて、信じてもあまり多く人に興味があることはできないと信じます。反対に、一枚の本場道のドイツ表、あまりにも多くの紹介、あなたは実物を手に取って、すぐに人に感じることができます。もちろん最も価値のある産地はスイス、その他の国も腕時計ブランドですが、スイスとは。
ネット上で多くのブランドのランキング、似たり寄ったりバセロンコンスタンチン、パテックフィリップ、ではない、积家、ブレゲなどトップ、ロレックス、カードティア、オフィチーネ・パネライ、オメガ、万国次に、チュードル、ロンジン、豪雅、レーダー再び、ハミルトン、美度、ティソ、セイコー、シチズンなど。
材質
これも言うまでもない。ダイヤモンド、プラチナ、黄金などは表に入れ、価格は自然と上へ。しかし注意するのは鏡の材質で、普通はよくあるサファイアと鉱物のガラス、以前はプラスチックの材質の、今すでにとても珍しい。サファイアは鉱物のガラスより良いと言いますが、実際にはあまり違いがありません、ちょっとわざと差がある感じがします。
ムーブメント
一般的に、スイス表はエタムーブメントスウォッチグループの全ての機械表はほとんどエタ出産のため、エタもスウォッチグループの一部で、専門製造ムーブメント。最もよく見られるの2824-2は更に一手代行、何千から万の表裏にも見える。しかし注意したいのは、同じ2824が後期磨きと再加工をみせて価値の違う。
しかし、どのような価格の主な要因として、この表には、どのような宣伝、この時計は、一定のレベルが高い。
外観
表の外観は各様のこと、乙の甲の糖蜜砒素、くれぐれも気軽に評論他人の表美も醜、このものを好きな人がいい。相手の美的レベルと味わうものを覗いては。