日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

日々のトレーニングをサポートする多彩な機能

これまでも歩数、消費カロリー、インターバルタイマーなどの計測機能を備えていたG-SQUADが、今回のリニューアルで大幅な進化を遂げた。トップモデルの「GBD-H1000」は、心拍計など5つのセンサーとGPSを搭載する高性能機であり、同時発表の「GBD-100」はこれに劣るが、加速度センサー+スマートフォン連携機能によって距離計測の自動補正を実現。補正することで、次回から時計単体でも正確な走行距離を計ることができるなど、普及価格帯モデルとはいえないほどのスグレモノだ。スーパーコピー時計のN工場直販店

この距離計測と走行時間計測を連動させることで、走行ペースの計測に対応するほか、一定距離を走るたびに自動でタイムを計り始めるオートラップ機能も装備。従来もあった歩数計測のほか、ラップメモリー最大140本×100走分対応のトレーニング計測、最大5本×20セットのインターバルタイマー、消費カロリー計測などとの併用によって、効果的なトレーニングへとリードしてくれる。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 2
留言列表