日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

スイス製のフライングトゥールビヨン+クロノグラフウオッチが200万円を切った

トゥールビヨンは、1801年にアブラハム・ルイ=ブレゲが特許を取得後、幾多の時計師が挑んでは挫折を繰り返した複雑機構の代名詞。

 

具体的には、脱進・調速機をキャリッジと呼ばれるカゴ状パーツ内で組み上げ、そのキャリッジを自転させることでヒゲゼンマイなどのパーツにかかる重力の負荷を分散。パーツの歪みなどを低減し、長期にわたって安定した高精度を維持するためのメカニズムです。

 

現代で最初に腕時計に搭載したのはオーデマ ピゲで、これより時計界はコンプリケーションウオッチ開発競争へと突入。コンピューター設計が主流になった2000年代には、複数軸を持ち、立体回転を行うモデルが開発されるほどにトゥールビヨンは進化を遂げます。

 

こうした技術的進化は、多軸構造のほか複数搭載、高速回転など、様々な派生型を生み出す一方、高次元にたどり着いたトゥールビヨンの開発競争の終焉へと繋がっていきます。

 

開発競争が終焉を迎えたのは、価格面にも理由があるでしょう。ここまでに触れてきたトゥールビヨンの多くは、1000万円を下らない高額モデルばかり。とても一般ユーザーが手の届くものではありませんでした。

 

そこへ、2016年にタグ・ホイヤーが200万円を切るトゥールビヨンを出してきたため、時計界は騒然となったのです。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 2
留言列表