日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

経年変化するブロンズの「ブルガリ・ブルガリ」を自分だけの一本に育てる歓び

「ブルガリ・ブルガリ」は、1975年にVIPへの贈答用として誕生後、翌年に商品化された「ブルガリ ローマ」を経て1977年に発売されたモデルです。BVLGARI BVLGARIと銘打たれたベゼルを備えたセンセーショナルなデザインは、瞬く間に世界中で話題を呼びました。

以来40年以上にわたり、ブルガリの腕時計の代表作となっている「ブルガリ・ブルガリ」に、ブランドとして初めてケースにブロンズを使ったモデルが登場します。

ステンレススチールやゴールドとは異なる重厚感を醸し出すブロンズケースは、使い続けることで表情が変わっていく点が魅力。時計を身につけるときの持ち方や、時刻合わせなどでリューズを回す際のクセなど、頻繁に触れる箇所を中心に生まれるパティナ(=古艶)は、ビンテージウオッチを彷彿とさせる自分だけの“味”となるのです。

バリエーションは、オールブロンズ、DLC加工SS×ブロンズベゼル、DLC加工SS×ブロンズリューズという、組み合わせの異なる3種類がラインナップ。いずれも文字盤はブラックラッカーグレインダイアルに、ブロンズのインデックスと針という組み合わせになります。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 1
留言列表