日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

LVMHが2020年に独自見本市開催―タグホイヤー、ウブロ、ゼニス、ブルガリ―

2019年6月、LVMHの時計製造部門が、にわかにある発表を行いました。
2020年1月、バーゼルワールドに先駆けて、LVMHはドバイで独自の新作見本市を行う、ということです。

LVMHはフランス・パリを拠点とする、ファッション業界最大手のコングロマリット。1987年、ルイヴィトンとモエヘネシーが合併して誕生しました。ロエベやセリーヌ、フェンディなど、多くの超高級ブランドを抱える一大グループですね。
時計業界での勢力図でも影響は大きく、タグホイヤーやウブロ、ゼニスなどの老舗メーカーが加わり、高い人気を誇ります。

そんなLVMHは、バーゼルワールドにおいても主要な展示企業。かつてはロレックス、パテックフィリップ、スウォッチグループ、ショパールなどと並んでBIG5と称されていました。

オメガやブレゲ属するスウォッチグループが抜けてこの均衡が崩れたことはご存知の通りです。
また、つい先日は、ブライトリングがバーゼルワールド2020の出展を見合わせることが判明し、同見本市の今後を危惧する声は少なくありません。

しかしながら、LVMHはちょっと様子が異なります。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 1
留言列表