日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

操作性において人差し指よりも親指での操作の方がコンマ数秒

今年のバーゼルワールドの全体的な印象として、既にいくつかの切り口で本特集内でも紹介してきたが、外せない大きなポイントは「消費者目線に立ち返る」ということも挙げられるのではないだろうか。近年、高騰化の一途をたどった価格設定やよほどの好事家や鑑識眼を持った人にしかそのコストパフォーマンスの価値がわかりにくいといった状況が見直され、より多くの「身だしなみに気を遣いたい人」が食指を動かしやすい環境を作り出そうと各メーカーのアイデアと技術が企業努力として新作に反映されてきているように見受けられる。

そんな今年の大づかみな傾向を体現し、自社の特徴を見つめ直した「選択と集中」によってバーゼルワールドの本会場に7年ぶりにブースを構えて戻ってきたのがイギリスにインスパイアされたブランド、グラハムだ。グラハムといえば、真っ先に思い浮かぶ特徴としては「ケース左側に装備された大型のリリーズレバー」ではないだろうか。これはイギリス空軍のパイロットから「高高度の飛行中でもパイロットグローブを外さすに時間を計測できないか」という提案からグラハムが開発したことが由来だという。リリーズレバーの配置位置や大きさも人間工学的な観点から、操作性において人差し指よりも親指での操作の方がコンマ数秒、早く反応できる、という裏付けもあるのだ。そこで、アイコンとなった「左サイドの巨大な同軸リューズ/クロノグラフプッシャー」が誕生した。

そんなブランドとしての大きな資産を大胆に「選択と集中」をもって2017年のグラハムは「見る側も楽しい」クロノファイターシリーズの豊富なモデル達にそのアイデンティティを余すところなく託して発表してきたのだ。「選択と集中」はなにもコレクションの選択にとどまるわけではない。クロノファイターシリーズのコレクションもグラハム独特のヴィンテージテイストを存分に活かしたモデルと、遊び心満載でポップな仕上がりのモデル、さらには鮮やかな色をスタイリッシュにまとめ上げたモデルなど、「これがグラハムだ」という分厚い意志がそれぞれのジャンルから発せられている。

 

2019最高級Nランクの パネライスーパーコピー通販です。当店の パネライコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 1
留言列表