日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

試行錯誤を経て二重密閉構造という画期的なアイデアを元に

現存する世界最古の時計ブランド、ブランパン。280年以上に及ぶ時の流れの重さは、他のブランドからは想像もつかないほどの重厚なものであることは想像に難くない。だが、同時に、その時の流れの重さをまるで感じさせないほど軽やかに、ウィットとエスプリを効かせたアイデアと技術力で毎年私たちが持つ「歴史と伝統」という言葉から想起される先入観を気持ちよく破り続けてくれていることに更なる大きな敬意を払いたくなる新作が、今年も生み出されてきた。

まず最初に触れたいのはダイバーズウォッチの先駆けとしてもはや伝説的な名声を誇る「フィフティ ファゾムス MIL-SPEC」へ捧げられたオマージュ「フィフティ ファゾムス オートマティック」と、「フィフティ ファゾムス バチスカーフ」のエンハンスモデルだ。そもそも、「フィフティ ファゾムス」は1950年代のブランパンのCEO、ジャン-ジャック・フィスターの「もう一つの顔」を起源とする。彼はスポーツダイビングのパイオニアとしての側面も持っており、その普及にあたり、一つの大きな懸念を持っていた。それは、ダイバーの命を守るには、水中でも壊れたり、誤作動を起こしたりすることのない計時装置が必須であるにも関わらず、当時の世界を見渡してみても、そのような時計が存在しない、ということだった。そこで彼は自社の時計師たちに「徹底的な防水性」を担保できるシステムの開発を命じたのだ。

試行錯誤を経て二重密閉構造という画期的なアイデアを元に、潜水時に誤ってリューズを引き出してしまっても内側の2つ目のパッキンで腕時計の水密性を確保することに成功した。そして、潜水時間を水中でも確実に目測できるように誤操作防止の機能を付けた回転べセルを開発、さらには、濁った水中などの過酷な環境においても視認性を確保するため、文字盤の直径を大きくしたうえでブラックの文字盤にホワイトの蛍光塗料をインデックスと針に塗布するというアイデアも盛り込んだ。「徹底的な防水性」を追求することに端を発したフィスターによる「ダイバーズウォッチ」の帰結点は「徹底的な安全性」へと昇華され、これがフランス海軍に納品されると瞬く間にフランス海軍潜水戦闘部隊に欠かすことのできない装備品の1つとなったのだ。

そして更なる安全性を求めてくみこまれたのが6時位置にある水密性を確認するディスクだ。これは何らかのアクシデントがあってケースの中に液体が入ってしまった場合に、ディスクの色がホワイトからレッドへと変わって一目で異常がわかる、というまさに、ダイビングの熟練者ならではのコロンブスの卵的なアイデアの産物なのだ。その性能がアメリカ海軍にも認められ、製造基準となっていったのだ。2017年の新作は、当時のデザインを彷彿とさせる要素を踏まえながら、シリコン製のヒゲゼンマイや対傷性の強いサファイヤで覆われた逆回転防止ベゼル等、その後の時計の進化の歴史をしっかりと内包した最先端の技術も盛り込まれている。こちらのモデルは40.3mmになるが、2013年に発表された「フィフティ ファゾムス バチスカーフ」のエンハンスモデルは38mmとさらに腕に収まりやすいサイズになったことと、深海を想起させるかのようなディープブルーの色味がより一層、このモデルの気品を高めている。

 

スーパーコピー時計を生産しているNOOB工場のサイトです。最高級のレプリカ時計をH直々生産して工場出荷価格で販売しています。弊店のすべてのスーパーコピー時計は3年無料保証になります。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 1
留言列表