日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

リサイタル22 グランドリサイタル トゥールビヨン

ボヴェは2016年、上下の厚みが非対称の形状で意匠登録されたケースにウブロコピー自社製ムーブメントを組み合わせることで、時計デザインに衝撃を与えた「リサイタル 18 シューティングスター トゥールビヨン」を発表し、コレクターたちを感嘆させました。その一年後には、リサイタル18の革新的ケースや独創的な構造、天文学的情報の直感的な表示方法を採り入れた「リサイタル20 アステリウム」を製作し、天体を表現した驚くべき時計を再び世に送り出しました。

 宇宙に際限が無いのと同様に、ボヴェのオーナーであるパスカル・ラフィ氏のイマジネーションは果てしなく広がり、それは最も新しい形として天体3部作に現れています。リサイタル22 グランドリサイタル トゥールビヨンは、2年前にパスカル・ラフィ氏とボヴェの職人によって始まった、詩的な時計製作物語の第3章を形成しています。こうして完結した3部作は、太陽、地球、月という人類の生活のペースを設定する3つの天体を観察するよう、私たちを招きます。

 壮大な天体劇場さながらの今作は、テルリウム・オーラリー、つまり地球を中心とした太陽系儀というコンセプトで表現されています。フライング・トゥールビヨンは太陽を象徴し、そのブリッジは燃えるような太陽光線を彷彿とさせます。印象的な半球状の地球は自らの軸を中心に回転し、24時間サイクルで時間を表示します。さらに球状の月は、実際の朔望周期(29.53日)に沿って地球の周りを回ります。

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 1
留言列表