日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

将来的には、中国の時計業界の回復傾向は明らかです

アメリカの時計産業の中国への啓発


近年、スマートウォッチの影響にもかかわらず、米国の時計販売スーパーコピー時計は低調に推移していますが、世界的には、アメリカの時計ブランドは依然として多くの市場シェアを占めています。米国の古典的な時計ブランドの観点から、これらのブランドは、開発プロセス、ポジショニングファッション、または女性用時計のポジショニング、またはその技術で知られている、またはハリウッドで有名な、どのブランドに関係なく明確に位置づけられています。明確なブランドイメージ、そしてブランドイメージは私たちの時計ブランドに欠けているものです。


長い間、中国の時計業界は、不明瞭な市場ポジショニングや不明確なターゲット市場の選択などの問題を抱えてきましたブランドとブランド間の「個性」の欠如により、製品は市場セグメントを形成できず明らかにターゲット市場を指して、それは消費者の選択を制御することは困難であり、市場競争は価格の周りに大騒ぎをすることができます。したがって、時計ブランドの異なる「キャラクター」を形成し、異なる「キャラクター」を追求するという市場セグメントを引き付けることは、中国における時計ブランドを改善するための最も緊急の課題です。


日本の時計産業の中国への啓発


2008年から2015年にかけて、日本の時計(完成品)の生産量は、最初は減少してから増加するのが一般的で、近年、生産量と成長率は安定してきました。 2015年のJGO(Japan Global Operations)による日本の時計(完成品)の生産量は6,870万円で、前年同期比0.59%の増加となった。その中で、デジタル腕時計の出力は68.70%を占め、4,720万であり、アナログクォーツ時計の出力は28.09%を占め、1930万であり、機械式腕時計の出力は、わずか3.20%を占め、最小220万であった。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 0
留言列表