日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

本当に力を入れていた時に、デブ英シリーズ月相の腕時計でロマンチックな七夕を点灯

同じバレンタインデーになると、七夕の伝説はワロンの話よりも、喜びやロマンチックなものが多い。「金風玉露の出会いは、勝つことが多い」。千上万としてのカササギがこの夜、星月のきらきら輝く夜空に集まり、神の眷属はついに再会する。恋をして初めて見た時のときめきは、七夕の話が一番忘れられないロマンチックな話かもしれません。

夜空の中で、それを目撃したのは、カササギだけでなく、夜空に輝く1輪の名月がある。月の光が白く輝いて、カササミの橋を照らして、まさに愛情の幸福な優しさを守ります――150周年の歴史を超えたスイスの製表のブランドの真の力を持つ時、七夕の時に、友達のために月相の機能を搭載したロマンチックな対表を現れて、この月はすべての愛のカップルの美しい気持ちを見守りますように願います。

時計IWCスーパーコピーの経典の月相は、いつも6時の位置に現れます:金色の円月は星の群集の下で雲の中からゆっくりと昇って、1ヶ月の時間の中で、陰晴が欠けている輪廻変幻を完成します。真力では、恋人たちのための腕時計もそうですが、女性のために用意されていたエリス・ブ英シリーズの月相官能表や、男性のために用意されていたエロス・ブ英シリーズの大日付月相の腕時計は、七月の7月には月の窓の上で人を感動させます。

正確に言うと、それは一輪の上弦の月である――月の陰晴が欠けていて、初めから一緒に新月となり、旧暦の初七、初八になって、次第に膨張して上弦の月と呼ばれています。月相の周期は29.53日で、真力時の製表職人が29.5個の歯車格の半円になり、59歯の車輪に星月の図案が描かれ、月の変化を交互に見せる。理論に基づいた月相は確かで、現実にとって、この「今夜の月は大体このようなもの」の指示はまた抽象的であり、詩的でもある。スイスの製表の精髄の精確とロマンはこれにある。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: MyBlog 评论: 0 浏览: 2
留言列表