日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

廊下が戻ってくると、雨歯が高く、腕時計の建物の美しさを

建築は人々の生活の基礎であり、同時に都市の歴史でもある。それは「広いビルを安ければ千万の間にも、天下の寒士をかばいて歓びを尽くす」という実用的な価値があるだけではなく、その生命力は、1つの時代の瞬間に対する完璧な駐留にある。かつてのタイムカット。古典的な建築人類の知恵と創造力の結晶は、文明と文化を含んでいる。彼らは傲然として独立した姿を私たちに見せてくれた、独特の芸術的な魅力を見せてくれる。私たちはそれが行き届いた痕跡の壁に触れて、歳月の積み込みがもたらす強力な衝撃を感じました。私たちが魅力的な線の中に身を置いて、心に入ったのは現代文明からの衝撃である。建物は近くにあるが、その美しさは千年を越えることができる。

時計も立体的な構造としてイデオロギー的なもので、そのため同様の立体的な建物とは対照的で、それらは自分を支えている筋体の枠を含めて、外観で異なる設計の取向きと審美的な情緒を展示しています。建築と時計の融合は、二つの技術と芸術の積載が重なっていて、高くたたずむ歴史の遺跡を使って腕時計の魅力をあおるのか、それが正確な時計であることを肝に銘じている。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 2018MyBlog 评论: 0 浏览: 1
留言列表