日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

廊下が戻ってくると、雨歯が高くて腕時計の建築美学(二)

経典の建築は水の時のような洗礼の中に残っていて、自身を本のページにして私達の所の時代の光の影を述べて、それはまた1本のペンで、私達のために最も真実なかつてであることを引き締めて、私達にそれに入ってくる時に喧騒歴の中の繁栄と紛争を感じることができる。実際には、建築の美しさはそれ自体だけではなく、その役の歴史の中での意味を演じていて、それに対して、一時的な美学芸術の融合にあったのである。

腕時計の建築美学は、あるいは彫刻や建築のスタイルに限定されているだけではなく、建築スタイルの特徴を土台として、建築要素を上の建築物と腕時計の完璧な融合にしている。前者は、経典建築の全体の美しさを感じさせることができますが、それらの文明の繁栄と光り輝いていることを感じて、後者は更に私たちにその時を通り抜ける芸術の風格、そしてかつて人に愛された美しい表現の手法を感じさせることができます。建築設計と腕時計の装飾芸術スタイルの組み合わせについては、スイスの美度腕時計に過ぎない。2012年、スイス美度表は「霊感で永遠を創造する」というブランドの精髄として、古典建築からインスピレーションを取り入れ、一連の建築腕時計を作り、美度が理解した建築美学を展示している。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 2018MyBlog 评论: 0 浏览: 1
留言列表