日本のショッピングブログ、時計の購入 戸田信秀

ヴァシュロン・コンスタンタン スポーティエレガンスを着替える

2016年のフルチェンジを経て、第3世代へと進化したオーヴァーシーズ。ヴァシュロン・コンスタンタンが擁する〝スポーティエレガンス〟の象徴である。同社アーティスティックディレクターを務めるクリスチャン・セルモニ氏が強調するように、新しいオーヴァーシーズの本質は、〝スポーツではなくスポーティ〟。そうしたキャラクターの変化は、よりソフィスティケートされたデザインの随所から読み取ることができよう。前作の8葉から6葉へと変化を遂げた、マルテーゼクロスを模したベゼルにも目が馴染んできた現在ならば、その裏側に隠された緻密なディテールの数々にまで、注意を向けることができるだろう。ケースのラウンド感を強調するために、ベゼル下に配された(外端部分がケースからはみ出すほど)オーバーサイズのプレート。ベゼルの幅を絞ってダイアル開口部を大きく取り、さまざまな仕上げを駆使して〝アニメーション効果〟を持たせたダイアルをより強調する手法。ケース側面をバックケース側に向かって絞り込み、ケースボリュームに軽快感を加味する手法など、新しいオーヴァーシーズに盛り込まれた〝ラグジュアリーウォッチ然としたディテール〟は枚挙に遑がない。このあたりは本誌2016年5月号、7月号に詳しいが、再読していただければ、既に本機を手にしているユーザーでも新しい発見があるだろう。新しいオーヴァーシーズのディテールは、目に馴染んでくるに従って、より深みを増すようだ。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 2017MyBlog 评论: 0 浏览: 0
留言列表